未経験からどれくらいの期間で仕事は身に付く? | 見習い期間目安

介護未経験から仕事を一人でこなせるようになるのは約6か月

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

実務実習に来られた方から「介護の仕事は、何か月くらいで一人で出来るようになりますか?」という質問を受けたことがあります。

 

未経験の方だったので、介護に対する不安がものすごく強く「自信がない」「あまり仕事ができるタイプではない」としきりに言っていました。この方に限らず、初めての業界は心配事が多いのは理解できます。

 

そこで今回は、未経験からどれくらい仕事を続けると、ある程度のレベルの仕事が任されるかを具体的にまとめてみました。

 

新米介護スタッフ必見!業務別にわかる習得に要する時間

 

身も蓋もない話をしてしまうと、個人の技量や性格によって覚えるスピードは違うという事が言えます。ただ、僕が実際に未経験から覚えてきたこと、新しく入られたスタッフを見てきた限りで目安となる期間はあると思っています。

 

日数を目安で書いていますが、参考程度に役立てて頂ければと思います。

 

「利用者の名前と特徴を覚える」 ~3日間くらい~

 

 

個人差はありますが、最初にやるべき事は利用者の名前を覚えることです。当たり前ですが、お声かけの際には名前で呼びかけるので名前を覚えなければいけません。また、認知症などの特徴も人によって異なります。

 

普通に話せそうに見えて「言っていることが支離滅裂」になる人もいますし、徘徊して急にいなくなるといった特徴を持つ人もいます。知ることで対策が見えてきますので、ここは重要です

 

ただ、毎日顔を合わせていると、自然と覚えていくので心配はありません。積極的にコミュニケーションを取り、特徴をつかむことが重要です。

 

ワンポイントアドバイス

 

名前と特徴をメモすると、後で忘れたときにリカバリーが利きます。また、ご家族の方も見えられるので忘れないようにしましょう。ただ、時々しかこない方もいるので分からない時は、素直にお名前をお伺いしても大丈夫です。

 

 

施設内での1日の予定を覚える ~1か月くらい~

 

施設によって1日の流れはまるで違います。だいたい似ているのですが、未経験では何も基準がありません。特に、行き当たりばったりで思いついた事をしていては、とっさな介助が必要になった時に仕事が回らなくなることもあります。

 

「今はレクリエーションをしているけれど、終わったあとは入浴介助があるな」といった流れを知ると、「次に何をするのかわからない」といったミスを大幅に防げます

 

ひと月単位で予定が組まれているので、一連の仕事を見て回ると一か月くらいはかかると予測されます。

 

ワンポイントアドバイス

 

メモは当然ですが、なるべく意識的に周りがやっていることを見るようにしましょう。忙しい施設だと、「次は何をするのですか?」と聞くよりも、毎日の仕事風景からなんとなく覚える方が断然ありがたがられるスタッフになるのです。

 

 

レクリエーション ~1か月~

 

 

最初はいきなり入浴介助、トイレ介助といった技術が必要な仕事は任されません。簡単なレクリエーションは新米スタッフにとって最初の仕事になりやすいです

 

身体機能の低下予防をする体操、遊びや脳トレを含めたゲームなどはどこでもやります。誰でも出来るようになる一番最初の仕事なので、手順や段取りを注意して覚えましょう。お年寄りがすることなので、複雑性はありません。1か月もすれば自然と身に付きますので安心してください。

 

 

ワンポイントアドバイス

 

利用者が集まって行うため、仲の悪い人同士でケンカすることもあります。人間関係にも注意を払って、座席の位置を考えたり、争いが起こらないように注意しましょう

 

トイレ介助、排せつ介助 ~3か月~

 

トイレ介助と、排せつ介助は似たようで違います。トイレ介助は、トイレまで付き添い利用者のできない事をお手伝いします。例えば、ズボンを下せなかったり、終わった後に歩いて帰ってこれなかったり。できない事をサポートする感覚です。

 

寝たきりの方などは、トイレまで行けずおむつになりますので、交換が必要となります。子供のおむつと違い、身体も大きいので思うようにできないと最初は感じます。しかし、マニュアル化されたテクニックがあるので先輩の助けを借りつつ覚えるといいでしょう。

 

 

ワンポイントアドバイス

 

施設によりますが、新米スタッフがいる場合は「2名」で介助することになります。スムーズに行うことが原則になるため、ちょっとの時間で済むように2名で入るんですね。おむつ交換で、身体の位置を動かしたりすることもあるので、いきなり新人が一人で任されることはありません。しっかり教わっていきましょう。

 

 

食事介助 ~3か月~

 

 

少し難しく感じるのが食事介助です。個人差があるので、同じペースで口に食べ物を入れていてはいけません。相手のペースをいかに尊重できるかが大事。

 

認知症などがあると、子供と似ているところも出てきます。そのため、気分を損ねる方は全く食べなかったりすることも・・。また誤嚥が起こる危険もあるので、注意を払いましょう。途中で水分をしっかり取り込んでもらうなど、口の中の異物に気をつける必要があります

 

 

ワンポイントアドバイス

 

施設によっては、時間がないため「少し急いで食べさせるように」と指示がでますが、それでも利用者の方が喉を詰めないように気を配りましょう

 

 

入浴介助 ~6か月以上~

 

 

入浴介助は、いちばん面倒に思うことかもしれません。デイサービスなどであれば、1人で入浴する方の見守り程度でいいのですが、特養などだと全身介助の方も多いです。

 

身体を洗うことに始まり、入浴中に沈まないか見守る必要があります。またお湯の温度など、人によって好みが違うため注意して覚えておかないと文句を言われることもあります。

 

服の着せ替えもセットになりますが、冬場などはさっさと着替えを手伝えなければ風邪をひかせます。お風呂場なので、メモも取りにくいことがありますが、先輩の教えを守って進めることが先決です。

 

ワンポイントアドバイス

 

「自分が利用者の立場なら」と考えて取り組むことが重要です。お湯は熱くないか、着替えは寒くないかと常に相手の立場で考えると、自然と自分がして欲しい事が見えてきます。

 

 

 

試用期間とされる3~6か月で、おおよその介護業務は覚えられます。ただ、新しく入ってくる利用者さんなどにはイレギュラー対応が必要になるので、まだまだ新人として扱われることが多いです。

 

分からないところや、介助について疑問が残るところは早い段階で先輩に教えてもらうことが先決。ある時期が過ぎると、質問が無ければ「この人は覚えた」とみなされることも増えてきます。そうなったときに、「わからない」という反応はマイナスイメージになるので気を付けておきましょう

 

 

人気のおすすめ介護求人サイトランキング~未経験者も大歓迎!~


未経験者向けに書いてきましたが「はじめて介護をする人」をどこで募集しているかわからない方もいますよね。それを可能にしてくれるのが「初心者歓迎」の介護求人サイトになります。


ハローワークとの違いは、「業界未経験」を前提に就活アシストしてくれるところです。比較して使いやすいサイトをまとめていますので参考にしてくださいませ。今、求人サイトは「将来性のある介護分野」に力を入れているので、介護を望む人には就職有利な時代になっているのです。


 


介護求人ナビ



介護業界に就労したくても仕事がなければ働けません。少しでも多くの求人案件に目を通したいユーザーにとっては、求人数がすべてと言っても過言ではないでしょう。そんな願いに応えてくれているのが「介護求人ナビ」です。


介護求人ナビは平成28年の6月現在、48000件の求人掲載をしており同じ未経験者を獲得している他サイトと比較しても差は明らか。未経験者向け介護求人サイトではいちばん多い求人数です。ちなみに、「カイゴジョブ36000件」次いで「かいご畑9000件」と公表されています。


掲載求人数がすべてとは言いませんが、就業場所を選び放題で探したいユーザーに取っては最初に登録したいサービスと言えます。





 


かいご畑



無資格・未経験者を率先して採用しており、利用ユーザーの59%は「介護経験なし」で就労しています。さらに49%のユーザーは「資格なし」で働き始めています。文字通り無資格・未経験の方が働くことを前面サポートされている優良サイトになります。


また「かいご畑の介護スタッフ」として就業された方は、無料で介護職員初任者研修を受講可能。他にはスキルアップセミナーなども毎月開催されており、給料アップのために豊富な支援体制が組まれているところが魅力です。




 


カイゴジョブ



カイゴジョブを運営する「東証1部(株)エス・エム・エス」は、相手の見えないネット求人サービスにおいて抜群の信頼感があります。


さすが東証1部。ハローワーク認可もされており、提携することでハローワークの求人案件も公開中。もちろんハローワークでは見れない「クローズド案件」も多く扱っているのでハローワーク利用者にも価値があります。


また、カイゴジョブフェスタという介護就活イベントに参加すると約半数の50%の来場者が、面接や施設見学に繋がっているデータがあります。各地域で定期開催されているイベントなのでぜひ確認してみましょう。遠方の方は、サイト内でのサービスだけでも十分価値があるので確認してみてくださいませ。