介護の新人がやってくれると嬉しい仕事 | 未経験でもできる

未経験の新人介護スタッフにやってもらいたい仕事 | 先輩の仕事を盗む

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

未経験で介護を始めると、はじめは仕事を覚えるのが大変だと思います。しかし、そういった中でもやれることはどんどん覚えてくれた方が、先輩たちはありがたがってくれます。

 

では、どんな仕事から覚えて行けばいいのか判断しづらい新人スタッフに向けて、押さえておくべき最初の仕事ポイントをまとめてみました。

 

介護スタッフは「見て覚える」が基本

 

介護職は職人仕事に似ているところがあります。職人はいちいち仕事を教えてはくれませんが、介護も同じで見て盗む必要があります。

 

理由に挙げられるのは、新人とベテランは仕事の内容こそ違いますが、相手にしている利用者さんは同じだからなんですね。

 

声を掛けられて応対するなどその場の仕事は同じでも、ベテランの先輩は他にも仕事があるわけです。例えば特定の人しか記載できない介護記録などは、状況把握・知識の少ない新人には無理があります

 

そこで新人スタッフは、出来るだけ目に見える形の仕事を覚えることが重要になるのです。今回は、見て覚えられる仕事をまとめてみたので、入所したらさっそく実践されるといいでしょう。

 

それでは、最初にやると先輩から認められやすい&助かる仕事をまとめてみました。

 

トイレ掃除

 

 

当たり前ですが雑用から仕事は始まります。特に最初はトイレ掃除に力を入れるべきです。介護の仕事をしていると、トイレ介助は頻繁に仕事として取り込まれます。きれいに使える人だけが使うなら問題はないのですが、利用者によっては汚してしまう人もいるのです。

 

利用者に限らず、職員も使う共同の場。いわずもがな、清潔さを保っておいて損はないのです。

 

トイレ掃除は好き好んでやりたい仕事ではないかもしれませんが、誰が使っても気持ちよく使える空間にする心は既存スタッフに取ってうれしいのです

 

排せつ介助を覚えようとする

 

 

排せつに関しての知識はしっかりと持つようにしましょう。「汚い事は避けたい」という思いは、たとえベテランの先輩になっても同じ。ただ介助技術があるので失敗も少なく、汚れることもないので率先してやっているだけです。

 

入所したばかりだと、不潔な気がして抵抗があるかもしれません。しかし、「最初だからこそ率先して教えてもらえる」というポジションになれるのです。これが1か月ほど過ぎると聞きにくい事も出てきます。覚えるまで3か月くらいは時間を要すると思っておいていいでしょう。

 

最初の一週間で覚えるのは無理がありますが、出来るだけ「聞いても問題ない時期」であるスタート時に頑張っておくと後が楽なのです。

 

バイタル記録を覚える

 

 

・基本的に誰がやっても変わらない
・だけど必ずやらねばならない事

 

それがバイタルチェックです。血圧や熱を記録するのですが、これも毎日の日課として欠かさずやらなければいけない貴重な仕事。

 

長年の知識と経験によってバイタルによる技術さが出てしまうなら先輩の出番も多くなりますが、書いているように誰がやっても同じ事。それなら新人が率先してやってくれるとありがたいのです。

 

もちろん、発熱や血圧の異常傾向があれば先輩スタッフに伝える必要があります。数値的なことに関しては、周りのスタッフに後で報告できるようにしておけば問題ありません。

 

自分が入るまで下っ端だった人の仕事を引き受ける

 

 

新人スタッフをいちばん歓迎したいのは誰だかお分かりでしょうか。

 

タイトルに書いていますが、あなたが入るまで一番下っ端だった人。つまりはあなたより1つだけ早く入所したスタッフになります。

 

この方は、すでにあなたの前を進んでいるので目標としては分かりやすい位置にいることを示してくれています。この人の後ろについていれば問題はないので、まずはこの人をマークするようにしましょう。

 

先輩も「自分に後輩ができた」と思い気分を良くしますので、仕事を教えてもらう際も非常に聞きやすいポジションになります。

 

関係をよくするために、少しずつ下っ端の仕事を引き継ぎ、先輩にはさらに新しい仕事に取り組める態勢を整えてもらいましょう。あなたも新しく仕事を覚えられるという、相互作用が起こるので高めあうべきです。。

 

人気のおすすめ介護求人サイトランキング~未経験者も大歓迎!~


未経験者向けに書いてきましたが「はじめて介護をする人」をどこで募集しているかわからない方もいますよね。それを可能にしてくれるのが「初心者歓迎」の介護求人サイトになります。


ハローワークとの違いは、「業界未経験」を前提に就活アシストしてくれるところです。比較して使いやすいサイトをまとめていますので参考にしてくださいませ。今、求人サイトは「将来性のある介護分野」に力を入れているので、介護を望む人には就職有利な時代になっているのです。


 


介護求人ナビ



介護業界に就労したくても仕事がなければ働けません。少しでも多くの求人案件に目を通したいユーザーにとっては、求人数がすべてと言っても過言ではないでしょう。そんな願いに応えてくれているのが「介護求人ナビ」です。


介護求人ナビは平成28年の6月現在、48000件の求人掲載をしており同じ未経験者を獲得している他サイトと比較しても差は明らか。未経験者向け介護求人サイトではいちばん多い求人数です。ちなみに、「カイゴジョブ36000件」次いで「かいご畑9000件」と公表されています。


掲載求人数がすべてとは言いませんが、就業場所を選び放題で探したいユーザーに取っては最初に登録したいサービスと言えます。





 


かいご畑



無資格・未経験者を率先して採用しており、利用ユーザーの59%は「介護経験なし」で就労しています。さらに49%のユーザーは「資格なし」で働き始めています。文字通り無資格・未経験の方が働くことを前面サポートされている優良サイトになります。


また「かいご畑の介護スタッフ」として就業された方は、無料で介護職員初任者研修を受講可能。他にはスキルアップセミナーなども毎月開催されており、給料アップのために豊富な支援体制が組まれているところが魅力です。




 


カイゴジョブ



カイゴジョブを運営する「東証1部(株)エス・エム・エス」は、相手の見えないネット求人サービスにおいて抜群の信頼感があります。


さすが東証1部。ハローワーク認可もされており、提携することでハローワークの求人案件も公開中。もちろんハローワークでは見れない「クローズド案件」も多く扱っているのでハローワーク利用者にも価値があります。


また、カイゴジョブフェスタという介護就活イベントに参加すると約半数の50%の来場者が、面接や施設見学に繋がっているデータがあります。各地域で定期開催されているイベントなのでぜひ確認してみましょう。遠方の方は、サイト内でのサービスだけでも十分価値があるので確認してみてくださいませ。