年齢別に考える介護未経験者の強み | 年齢別の働き方

介護職員に年齢制限はない。歳を重ねることで得られるメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

介護は他業種と違い、何歳からでも未経験採用されやすい特徴があります。実際に僕の知る範囲でも、50代以降での採用をされたケースを何人か見ているため特殊な例とは感じません。

 

しかし、同じ未経験でも20代50代では求められることは変わります。当然ですが、年齢を重ねている分だけ「社会経験アリ」とみなされますし、それに応じたスキルが求められます。今回は、この介護スタッフの年齢について掘り下げてお伝えします。

 

 

20代 フレッシュな人材として求められる

 

 

20代くらいなら新卒社会人はもちろん、一度社会に出たけど失敗してやり直す人もいます。どちらにせよ、社会経験は少ない例が多いです。そのため前職で数年勤めていても、介護分野ではあまり期待されないところがあります。

 

働きやすさで言うと、期待をされないので失敗しても周りが寛容な目で見てくれるので良いですけどね。

 

若い人材は、介護業界では貴重でどの職場に行っても「孫キャラ」なる人物がいるのもポイント。性別問わず、お年寄りから見ると「かわいい」という評価がもらいやすくなるのでコミュニケーションもスムーズに進みます。若さは武器なので、無資格・未経験であろうと「伸びしろ」を考え採用されるケースも多いです。

 

 

30代 介護の世界では30代も十分に若手

 

 

一般的に、「30代からの正社員はきつい」などと言われがちですが、介護においては逆に「30代から」という空気があります。20代の子は若くて従順に働いてくれるのですが、嫌になったら辞めていくところがネック。

 

それに比べて30代になると、落ち着いているので「他の業種も可能性があるかな」といった浮気心が出にくい特徴があります。仮に辞めても、スキル的に介護から離れないという特色があるので、定着率はいいんですね。

 

まだまだ若いですし、これから期待を込めて採用できる年代とも言えるでしょう。

 

40代 これまでの経験は生きる。「社会への順応性」を売り込め

 

 

40代になると少し違いが出ます。もちろん未経験でも採用されていくことには変わらないのですが、場所によっては「介護職員初任者研修」の有無は問われます。形だけでも「資格を取っているんだな」という姿勢が見えると、本気度の映り方は変わるんですね。

 

40代から未経験での参入となると、並々ならぬ思いで業界に入ってきている人も多いわけです。男性なら「会社をリストラされた」とか。女性なら「子供の学費に」といった具合に切羽詰まった人材もいるわけです。

 

これまでの経験を活かしつつ、それでいて会社組織や人間関係への順応性もあるので、未経験でも存分にアピールすべきです。

 

50代以降 60代や70代で働く人もいる

 

 

50代以降も非常に役に立つ人材年齢です。僕の知る限り、いちばん働きやすいポジションでもあるように思います。というのも、介護現場は20代のスタッフから100歳といった高齢者がともに生活します。

 

価値観はもちろん違いますし、話している内容も時にはジェネレーションギャップから分からない事も普通にあるんですね。しかし、その中間層の50代を超えるとは上も下も理解するので、良いパイプ役となるのです。失礼ながら、お年寄りに近い年齢なのは大きい武器でしょう。

 

年が離れすぎると、介助もぎくしゃくすることもあるのですが、親と子供くらいの年齢である50代は重宝すると言っていいでしょう。ため口で話す関係はこの世代に多く見られるのですが、お年寄りもお客様扱いされるよりは、子供と話す感覚で過ごせるため居心地は良さそうです

 

 

余談ですが僕が介護ヘルパー2級資格講座(現:初任者研修)に参加していたときは、定年を迎えた60代の方も一緒に受講されていました。講座が終わり、終了証を貰う際には一足早く就職を決めていて、年の功を見せられた気持ちになりました。

 

同時に、60代でも普通に採用されているところを見ると、「自分も未経験だけど採用されそうだ」という自信にも繋がりました。面白いおじさんだったのですが、彼の性格が介護向きだと採用者の目に映ったのではないでしょうか。

 

このように、年齢では判別できない採用基準が介護業界にはあるので、「未経験であろうと面接に挑戦的であること」がいちばんの武器になるのです。

 

 

人気のおすすめ介護求人サイトランキング~未経験者も大歓迎!~


未経験者向けに書いてきましたが「はじめて介護をする人」をどこで募集しているかわからない方もいますよね。それを可能にしてくれるのが「初心者歓迎」の介護求人サイトになります。


ハローワークとの違いは、「業界未経験」を前提に就活アシストしてくれるところです。比較して使いやすいサイトをまとめていますので参考にしてくださいませ。今、求人サイトは「将来性のある介護分野」に力を入れているので、介護を望む人には就職有利な時代になっているのです。


 


介護求人ナビ



介護業界に就労したくても仕事がなければ働けません。少しでも多くの求人案件に目を通したいユーザーにとっては、求人数がすべてと言っても過言ではないでしょう。そんな願いに応えてくれているのが「介護求人ナビ」です。


介護求人ナビは平成28年の6月現在、48000件の求人掲載をしており同じ未経験者を獲得している他サイトと比較しても差は明らか。未経験者向け介護求人サイトではいちばん多い求人数です。ちなみに、「カイゴジョブ36000件」次いで「かいご畑9000件」と公表されています。


掲載求人数がすべてとは言いませんが、就業場所を選び放題で探したいユーザーに取っては最初に登録したいサービスと言えます。





 


かいご畑



無資格・未経験者を率先して採用しており、利用ユーザーの59%は「介護経験なし」で就労しています。さらに49%のユーザーは「資格なし」で働き始めています。文字通り無資格・未経験の方が働くことを前面サポートされている優良サイトになります。


また「かいご畑の介護スタッフ」として就業された方は、無料で介護職員初任者研修を受講可能。他にはスキルアップセミナーなども毎月開催されており、給料アップのために豊富な支援体制が組まれているところが魅力です。




 


カイゴジョブ



カイゴジョブを運営する「東証1部(株)エス・エム・エス」は、相手の見えないネット求人サービスにおいて抜群の信頼感があります。


さすが東証1部。ハローワーク認可もされており、提携することでハローワークの求人案件も公開中。もちろんハローワークでは見れない「クローズド案件」も多く扱っているのでハローワーク利用者にも価値があります。


また、カイゴジョブフェスタという介護就活イベントに参加すると約半数の50%の来場者が、面接や施設見学に繋がっているデータがあります。各地域で定期開催されているイベントなのでぜひ確認してみましょう。遠方の方は、サイト内でのサービスだけでも十分価値があるので確認してみてくださいませ。