介護未経験者がオープニングスタッフをやるメリット・デメリット

介護未経験者でもオープニングスタッフになるメリット・デメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

高齢化社会の流れで新規施設が増えた今、介護職員のオープニングスタッフ募集が目立つようになりました。人手不足も後押しして介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)を取得したばかりの人でも採用されやすくなっています。

 

このサイトを閲覧中の方の中には「資格を取ったばかりで未経験者だから自信がない」という人もいるかもしれません。しかし、オープニングスタッフこそ未経験者の就労穴場でもあるのです。介護未経験者が採用されるのかどうかや、新規事業での介護についてメリット・デメリットを含めてまとめてみました。

 

そもそも介護未経験者はオープニングスタッフになれるの?資格は必要?

 

 

未経験でもオープニングスタッフで雇われるのか?

 

結論から言うと、新規立ち上げ事業でも未経験者は採用しています。「急募」と新聞の折り込みチラシを出す事業所がありますが、意外と人材は集まらないもの。そこで「未経験でも採用しようか」という流れができる現状があるのです。

 

ただし、「介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)」の有無は見られることが多いです。無資格・未経験を多く採用する施設は、基本的に既存施設が圧倒的です。理由は、仕事におけるルーティン化がされており、無資格者であっても先輩が指導すれば形になるからです

 

もちろん無資格者でも採用する新規事業はありますが、本音でいうと「初任者研修くらいは持っていて欲しい」という感じでしょう。資格は無いよりはマシとありきたりな意見ですが、介護業界も同じなのです。

 

それでは、オープニングスタッフへの応募におけるメリット・デメリットをお伝えします。

 

未経験者のメリット

 

【利用者との関係がスタッフ全員同時スタート】

 

 

ありがちですが「人間関係が最初からクリア」というのは当然のメリットです。それよりも、介護施設の場合は利用者との関係もクリアであるというメリットが大きいんですね。

 

中途採用だと、すでに既存スタッフと利用者の関係ができており、外様とまでは言いませんがどちらからも「新入り扱い」を受けやすくなります。

 

利用者Aさんへの対応があるとすれば、既存スタッフのやり方がありますし、Aさん自身も介護スタッフの技量を比較してくることもあります。優しいお年寄りならいいのですが、利用者さんによっては露骨に新人を下に見たり、邪険に見てくる人もいるのが難しいところ。

 

その点、オープニングスタートなら利用者との関係はみんな同じ。スタッフ間で情報共有しながら、利用者さんとの関係を構築できるのです。

 

 

【ルーティン作業(日課)の取り決めについて意見しやすい】

 

 

未経験者でもオープニングスタッフとして働いていると、日常の仕事について意見を言いやすくなります。既存施設ならすでにシステム化されており、ルーティン作業は先輩が働きやすいように作っているんですね。

 

もちろん上司が決めることですが、現場で働き始めた人たちの意見を無視していては関係も悪化します。入浴の時間帯や、レクリエーションなどメニューはあらかじめ決めていますが、現場を回し始めたときに詰め込み過ぎに気が付いたり、空き時間がわかってくるものです。

 

こういった初期から起こる問題への微調整は、ほかの誰でもなく現場のスタッフが行うのです。未経験者も関係なく、現場で働くスタッフとして言わなければならないのです。そういった中で、自分の働きやすい環境を構築することも可能となります。

 

 

【仕事についての失敗やミスがあっても受け入れられる】

 

 

施設オープン初期は、先ほど書いたルーティンはもちろん、利用者との関係も手探りで行います。色んな性格のある人が集まりますから、当然のように失敗も起こります。しかし、新人同士みんなが同じようにミスをするので再発防止のために励ましあえば問題ないのです。

 

オープン事業の醍醐味と言ってもいいかもしれませんね。スポーツなどのように、ミスした仲間を励ます風景に似た光景が新規事業では多く見られます。

 

 

未経験者のデメリット

 

【立ち上げ当初は忙しい】

 

 

何をおいても、これは外せません。仕事を覚えなければいけませんし、利用者との関係も構築していかなくてはなりません。事前に研修などが行われますが、対人サポートをしていく業種なので予定通りには進まないのです

 

介護記録や日常作業に追われながら、トラブルにも対応しなければいけません。最初は余裕のある時間がほとんど無いのはどこの事業所も同じです。慣れてくるまでの時間は、ドタバタしてしまうという覚悟を持ち心の準備をしておきましょう

 

【経験者が評価されやすい】

 

 

みんな同一スタートすることに変わりはないのですが、経験者と未経験者なら技術仕事では差がつきます。簡単な体操や、遊びなどレクリエーションなどなら大した差は生まれません。しかし、入浴介助や食事介助といった過去に経験があるかどうかがすぐに分かるものでは雲泥の差がでます。

 

その際に、スタッフ同士は経験の有無を知っているので理解しあえますが、利用者は分かりません。全スタッフをプロ介護士として見てきますし、周りに当たり前のようにされてきた介助がなされなければ不満も抱えます

 

少しでも経験者に近づけるよう、常に仕事を覚える姿勢を忘れないようにしましょう。

 

 

まとめ オープニングスタッフの特典を活かし切れ

 

 

無資格・未経験から新規事業に関わる場合は、「未経験者」の立場を良い意味で活かすことです。利用者とのコミュニケーションでは、「新米なのでいろいろと教えてくださいねw」とお年寄り特有の教えたい欲求を引き出すことが可能です。

 

経験者スタッフには、教わるたびに感謝の気持ちを忘れず、先輩の尊厳をくすぐると良いでしょう。「いつもありがとうございます」といった言葉は忘れがちですが、大事なコミュニケーションになるのです。日頃から気持ちを声にして伝えておくと、困ったときに助けてもらえやすくなるので立場を上手く使えるようにしましょう。

 

カイゴジョブなどは、オープニングスタッフを率先して募集する特集を組んでいます。資格もあった方が良いのですが、無資格者やカンタンに取得できる「介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)」を持つ未経験者でも募集していますのでチェックをしてみるといいでしょう。