介護未経験者のカンタンな志望動機の見つけ方 | 介護の履歴書

介護未経験でも受かるコツは「志望動機」に理念共感を書くこと

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

介護業界での採用可否は「御社の理念に共感しました」が言えるかどうかで決まります。これは僕が実際に介護現場で働いてきて出した答えです。介護業界に入るにあたり、未経験者の人ほど次のような悩みを抱えます。

 

・介護職を始めたいけど、未経験だし志望動機が思いつかない
・とにかく働かないといけないので介護を選んだけど、動機が浮かんでこない
・そもそも介護スタッフとして採用されやすい志望動機はあるの?

 

こういった悩みは多く、実際に僕も介護未経験からの応募だったのでとても苦労しました。どの業種にも言えることですが、「働きたくなくてもお金のために働かざるを得ない人」はいます。そういった方に明確な志望動機がある場合は良いですが、きれいごとだけでは済まないのも現状としてありますよね。

 

そこで、介護採用の壁となりやすい「志望動機」を、具体的に質の高いクオリティで書けるアドバイスを送りたいと思います。

 

応募先の会社の「経営理念」を知っていますか?

 

 

冒頭でも書きましたが、未経験者の採用可否は「経営理念への共感」にあります。経営理念への共感というのは、分かりやすく言うと「会社の考えと応募者の考えが合致している」ということです。

 

特に介護は経験・資格がなくても入れる業界なので、見極めは慎重に行われます。そこで判断基準になりやすいのが「経営理念への理解」なのです。

 

想像してもらうと分かりやすいのですが、これだけ溢れる仕事の中から「なぜうちの施設での介護でなければいけなかったのか」は介護現場を取りまとめている人なら必ず思う事です。「ひょっとして、介護は楽に入社できるから選んだのかな?」と不安にさせては不採用率が上がるだけ。

 

そこで伝えるべきテーマが「経営理念への共感」なのです。施設の公式サイトを見れば、その企業が何を大事にして介護業界で仕事をしているのかが見えてきます。

 

「利用者の人生観を大事にしたい」「地域と介護の提携など啓発に取り組んでいる」「家族を含めた包括的な支援サービスを重視したい」など、各事業所の特色はネットを通すなどすれば判断が付きやすいのです。

 

介護業界の経営理念は、いわば自社サービスの目玉と言っても過言はありません。そこに共感されたとあれば、施設側も褒められている・認められているという気持ちになり嬉しいのです。崇高な理念を掲げている事業所ほど、同じ考えで働ける人材が欲しくて仕方がありません

 

だからこそ、受かるためには応募先の経営理念は要チェックしておくべきなのです。それでは具体的に「経営理念に訴えかける書き方」を教えるとともにサンプルを提供します。

 

 

介護未経験者でも採用が決まる「志望動機の探し方」と「実践サンプル」

 

 

実在する施設のサイトを見ながら、3パターンに分けて書いております。ユアライフさまの介護施設が素晴らしかったので、「もしここに応募するならば」という前提で考えていきます。書き方を真似てもいいですので、施設に合わせて書き方を変えてみてください。

(参考:ユアライフさま)

 

テクニック①代表者の体験・考えに共感姿勢を示す

 

 

分かりやすい志望動機さがしは、社長や代表者の体験・考えを知ることです。応募先施設のサイトや、メディア媒体に掲載されているコラムでも大丈夫。要は、代表者の意見や考えに賛同する姿勢を伝えられるかがポイントになります。

 

サイトを見ると、代表自ら経験・考えを伝えてくれていますよね。そこにフォーカスし求職者側として書くなら次のような伝え方が分かりやすくなります。

 

サンプル志望動機①

 

公式サイトにある代表の言葉を読ませて頂いたのですが、胸の詰まる思いになりました。私の母も、年老いた祖父母の介護をしておりましたが、かなり無理をしていました。おそらく「嫁だから」という部分もあったように思います。

 

こういった実際に介護をしている人たちの考えをくみ取り、代表が施設を立ち上げられた事に心を打たれております。

 

「介護への理解、啓発活動を見据えて業界に携わる」とは簡単に言えますが、実行に至る努力をされた方には説得力があると思っております。私もそんな代表のいる施設で働いてみたいと思いました。

 

コツは、代表が施設立ち上げや介護を始めるに至った考えを知ることです。多くの介護施設がありますが、施設の代表もまた業界に入る動機は様々なものがあります。自分の考えに似た人がいれば、そこにアプローチをかけると響く可能性は高いです。

 

心理学的な話ですが、人は自分と似た考えを持つ人には好感を覚える傾向にあるのです

 

テクニック②施設内画像から雰囲気をイメージし関心を見せる

 

 

公式サイトや広告には、施設ごとの特色を写真を画像で必ず見せるように作られています。これは利用者となるかもしれない人に見せるものなので、必ずその事業所の売りとなるポイントを出しているわけです。

 

これらはセールスポイントであるため「注目しない」というのは、「あなたのサイトは見ていないですよ」と言っているようなもの。ここは面接などでも言いやすいので、本当に関心を持てる場合は使ってみるといいでしょう。

 

サンプル志望動機②

 

サイトを拝見させて頂いたのですが、最初は「介護施設なのだろうか?」と思ってしまうほど家庭を感じました。家庭的とはいいますが、実際の施設は医療病棟的な場所も多いのが現状だと伺っております。

 

そういった中で、まさに家を開放しているような雰囲気は、利用者さまだけでなく働く職員も気持ちよく働ける工夫を凝らしているように思いました。たった1枚の写真から「ここで働けたら気持ちが良いだろうな」と感じるほど興味を持ったので応募させていただきました。

 

介護現場でも特に内装に力を入れている施設も多いです。こだわりは各施設によって違いながらも、利用者目線で作られた建物は多く莫大なお金を投資していることはざらです。

 

そういった施設への関心は、利用者からだけでなく働き手からも持ってもらえたら嬉しいもの。ちなみに、僕もいくらかの施設に行きましたが、こだわる代表ほど「うちの施設がいちばんお年寄りが喜ぶ作り」と思っている傾向があります。少しでも良い雰囲気の施設なら、チェックしておいて損はないです。

 

テクニック③スタッフの言動に注目する

 

 

今はスタッフの声を気軽にネットで発信する施設も多くあります。ブログ形式で発信するところもあれば、実際に顔写真とともに個々のスタッフがメッセージを書いていることもあるので注目しておきましょう。

 

その上で、触れるポイントを決め打ちしてしまうのです。ここでは、サイト内のブログに注目したことにします。

 

サンプル志望動機③

 

スタッフさんの活動ブログを拝見させて頂いたのですが、介護への気持ちが伝わってくるとともに施設内部の様子も手に取るように分かりました。

 

「どんな介護施設なのか?」という疑問は実際に入居しないとわからない場所も多い中、積極的に外部にメッセージを出される努力には頭が下がる思いです。

 

私もパソコンは使い慣れているので、より施設内部の魅力が伝わるように一緒になり発信させていただきたく思う次第です。ブログなどで内部を可視化する開かれた職場だからこそ、適度なプレッシャーとなりメリハリのある業務を頑張れると思い応募させていただきました。

 

どの事業所でもやっているわけではないので、こういった他施設と違う外部発信をしている場合は褒めるべきです。こういった書き方をするのは、内部と外部のつながりにまで注目していることを伝えるためなんですね。

 

未経験であると、仕事や給料の話だけに気を取られがちになるので、視点をずらし働いているイメージを持っていることをアピールする書き方もあります。

 

まとめ:志望動機には、各施設のセールスポイントを絡めよ

 

「経営理念への賛同」は難しいように聞こえますが、簡単に言ってしまえば「それいいね!」を伝えているに過ぎないのです。しかし、この「いいね!」は意外と面接や志望動機では伝えられておらず、介護業界と応募者のミスマッチになりがち。

 

一般的に、「相手企業を調べよ」といわれてもピンとこない人は、どこの会社サイトも同じように書いてあるという思い込みがあるのではないでしょうか。

 

僕は介護の世界が長いので少しずつ知ったのですが、どの事業所も売りは必ずあるのでセールスポイントを見極め、狙って共感・褒めるを繰り返すことをお勧めします。有意義な志望動機と履歴書が作成できるといいですね。

 

 

人気のおすすめ介護求人サイトランキング~未経験者も大歓迎!~


未経験者向けに書いてきましたが「はじめて介護をする人」をどこで募集しているかわからない方もいますよね。それを可能にしてくれるのが「初心者歓迎」の介護求人サイトになります。


ハローワークとの違いは、「業界未経験」を前提に就活アシストしてくれるところです。比較して使いやすいサイトをまとめていますので参考にしてくださいませ。今、求人サイトは「将来性のある介護分野」に力を入れているので、介護を望む人には就職有利な時代になっているのです。


 


介護求人ナビ



介護業界に就労したくても仕事がなければ働けません。少しでも多くの求人案件に目を通したいユーザーにとっては、求人数がすべてと言っても過言ではないでしょう。そんな願いに応えてくれているのが「介護求人ナビ」です。


介護求人ナビは平成28年の6月現在、48000件の求人掲載をしており同じ未経験者を獲得している他サイトと比較しても差は明らか。未経験者向け介護求人サイトではいちばん多い求人数です。ちなみに、「カイゴジョブ36000件」次いで「かいご畑9000件」と公表されています。


掲載求人数がすべてとは言いませんが、就業場所を選び放題で探したいユーザーに取っては最初に登録したいサービスと言えます。





 


かいご畑



無資格・未経験者を率先して採用しており、利用ユーザーの59%は「介護経験なし」で就労しています。さらに49%のユーザーは「資格なし」で働き始めています。文字通り無資格・未経験の方が働くことを前面サポートされている優良サイトになります。


また「かいご畑の介護スタッフ」として就業された方は、無料で介護職員初任者研修を受講可能。他にはスキルアップセミナーなども毎月開催されており、給料アップのために豊富な支援体制が組まれているところが魅力です。




 


カイゴジョブ



カイゴジョブを運営する「東証1部(株)エス・エム・エス」は、相手の見えないネット求人サービスにおいて抜群の信頼感があります。


さすが東証1部。ハローワーク認可もされており、提携することでハローワークの求人案件も公開中。もちろんハローワークでは見れない「クローズド案件」も多く扱っているのでハローワーク利用者にも価値があります。


また、カイゴジョブフェスタという介護就活イベントに参加すると約半数の50%の来場者が、面接や施設見学に繋がっているデータがあります。各地域で定期開催されているイベントなのでぜひ確認してみましょう。遠方の方は、サイト内でのサービスだけでも十分価値があるので確認してみてくださいませ。