介護資格を持たない人のための給料アップ王道資格はこれだ!

介護未経験からの狙うべき資格!必要最低限の取得リストまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

無資格・未経験で介護を始めたい(始めた)けど、どんな資格を取ればいいのかわからない」

 

こうお考えの方も多いのではないでしょうか?

 

ぼくは無資格で介護を始めたのですが、「このままだといつまでたっても給料は上がりにくく仕事の幅も広がらない」と働く中で気がつくようになりました。遅いんですけどw

 

そこで、ぼくのような非効率な介護業界参入をしないで済むように、無資格もしくは未経験者の場合どんな介護資格を目指すべきなのか分かりやすくまとめてみました。

 

「介護福祉士」を中心とした超実践的に評価されるメジャー資格もあれば、3日程度で取得できるガイドヘルパーなど業界でもマイナーな資格もあります。取得する側から見ると「どれが将来に有利なの?」と迷いも生まれますよね。

 

そんな方のために、介護職で培ってきた知識を活かせればと思いサイト作成に至りました。これからスキルアップを目指す方のナビゲートになれば幸いです。必要度の高い資格をズバリお教えします!

 

現場介護の王道資格は「介護福祉士」を目指すのが基本

 

当サイトは、介護現場に入って直接お年寄りのお世話をする仕事を目指す方に向けて情報を発信しています。そのため、現場と密接な関係のある王道資格をお伝えしますね。

 

 

たとえば、現状の介護現場だと「介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)」を皮切りに、介護福祉士が現場のトップになっています。そこからさらにスキルを上げると、現場から少し離れた「ケアマネージャー」などの道が開かれお年寄りのケアプランを作成したりする仕事もあります。

 

そのため未経験から始める人は、「初任者研修」を受けて介護の初歩を学ぶことは避けられない状態です。もちろん未経験採用してくれる場所もありますが、給料アップのために取ったり、しっかりと基礎学習をして現場を知っていくことで、ゆくゆくは介護福祉士も見えてきます。さらには「ケアマネ」などを目指す人も多くいます。

 

ちなみに僕の働いてきた職場では、図にあるピラミッドのスタイルが基本でした。介護は資格社会なので、どういった資格を取っていくかをイメージしておくと有利だと思います。

 

※認定介護福祉士という、介護福祉士の上級資格も新設される予定ですが時期が未定のため確定しだい更新させていただきます。

 

各介護資格の重要ポイントをまるごと解説

 

 

介護の資格は誰が受けても同じになるものから、専門学校卒業者などケースにより免除される人もいます。といっても、受講時間が減ったり一定の科目をパスさせてもらう程度のものですが。ここでは未経験・無資格を前提に、重要となるポイントを押さえさせて頂きますね。

 

資格解説の読み方
①資格名
②資格取得のメリット
③資格取得までのルート
④平均合格率

 

介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)

 

②介護職員になるための基礎資格。無資格でも採用する施設が増えてはいるものの、介護業界に対する予備知識として必要とされている。また無資格者との差別化として、資格保持するだけで少額でも時給に差をつけてもらえることも多い

 

③カリキュラムにのっとり、130時間の講座受講が必要となる。期間は各々で選べるので短期間で一気に取得するコースもあれば、3か月ほど通いゆっくり取得することも可能。

 

④合格率は非公表ながら「90%を超える」と言われており、一般常識レベルが理解できるなら間違いなく通るとされている。以前は、ヘルパー2級を受講した人には理解度テストをすることもなく資格配布をしていた。そのため、現状は形だけのテストとも言われている。

 

 

実務者研修

 

②「ホームヘルパー1級」と「介護職員基礎研修」が廃止され、変わりに確立された資格。「介護福祉士の受験資格」を得るためには必須となるため、スキルアップには避けて通れない。過去に取得している資格などにより、受講時間が変わってくるので個々で確認が必要。

 

③資格取得により「サービス提供責任者」になることができるため、給料アップはもちろん仕事の幅も広がっていく。ケアマネージャーと現場のつなぎ的役目を果たすこともあるため、人材価値は当然ながら上がっていく。これまで認められていなかった「淡吸引」などもできるようになる。

 

合格者100%を目指して行われるため、基本的に不合格になりにくい。講義をしっかりと受けることは必須。実技練習を何度もさせてもらえるので基本的にほとんどの人が終了証をもらえる。「ダメだったらどうするのか?」という悩みを抱える人もいるが、追試という形でやり直しが利くので心配無用。

 

介護福祉士

 

②現在の介護職では、目標とされやすい資格と言われている。取得により任せられる仕事内容はもちろん、資格保持者をスタッフとして配置するだけで事業規模の信頼も上がる。そのため基本給への上積みも約束される。事業内に止まらず、転職の際にも役立つなどメリットを上げればキリがない

 

「介護福祉士」は現場で主体となってくる資格なため、職場の上司からとりあえず受けるように促されてダメもとで受けている人も多いくらい重要な資格。

 

③専門の学校などを出ている場合、取得有利になることも。また未経験・無資格者でも3年しっかり勤務して、着実に勉強を続けて取得する人もいる。上記で紹介した「実務者研修」などを取得しておくと、実技免除などの特典もあるためまずは受かりそうな資格で固めてしっかり基礎を築いていく道もある

 

④約60%の受験者が合格する。ただ、先ほど述べたとおり事業所から受験を命じられている人も混ざっている現状がある。そのため、しっかり勉強して受験した人の合格率で考えるとさらに上がることが想定される。

 

ぼくの事業所も、社長から「従業員はパートであれ介護福祉士の資格取得は絶対」と通達がある。こういった事から、やる気のない人も受けて合格率を下げている現状があるのであまり恐れることはない

 

以上が、今の日本の介護現場で主体的になって働いている人たちの資格となります。どの業界にも地道な積み重ねが必要なのと同じです。介護も資格を中心とし、実務と並行して学んでいくことが地位の向上、スキルアップ、給料上昇に繋がります。

 

ただ資格や、セミナー受講には金銭的な負担もかかるので、勉強面で悩まれている方も多いかと思われます。そこで、そのような金銭的な悩みを解消してくれる求人サイトが登場しています。

 

「かいご畑」なら働きつつ、”無料”で介護資格の勉強ができる

 

 

実際に介護業界を目指される方も、資格を取ってからではお金が入らないので困るという状況の方も多いはず。また、働きながら資格を取りにく時間を会社に伝えて融通を利かせてもらうのも面倒に思われる方もいるでしょう。

 

そういった方のために登場しているのが、「介護職員として働きながら、資格取得を無料で目指す」をコンセプトにした介護求人サイト「かいご畑」が便利で評判が広がっています。

 

「かいご畑」は介護系の派遣会社なのですが、登録者に対して無料で「介護初任者研修(旧ヘルパー2級)」の取得をサポートしてくれたり、その先に進むためのスキルアップセミナーも開催してくれています。

 

勉強には金銭が付きまとうイメージでしたが、かいご畑の場合は人材育成に力を入れているため、こういったスキルアップには惜しみない投資をしてくれます。働きながら資格を取るための都合も、派遣会社から職場に通達してくれるので全面的なバックアップに頼ってみるのもいいでしょう。

 

このように「かいご畑」は介護経験を積みお金をもらいながら、無料で資格を目指せるメリットがあるため非常に優れた求人サイトと言えます。専属コーディネーターの方への相談も無料なので、登録して進むべき道や資格を伺ってみるのもいいでしょう。