「カイゴジョブ」のお勧めポイント | 介護派遣の求人サイト

介護求人の本格サイト「カイゴジョブ」はイベント説明会も豊富

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

 

 

来場でクオカード3000円ゲット!カイゴジョブフェスタ参加で即日内定!

 

 

カイゴジョブは他の介護求人サイトにはない取り組みを行っています。それは一斉就活イベントの介護版。定期的に開催されておりすこぶる評判。来場者にはクオカード3000円分(枚数限定)を配るなど、「とりあえず話を聞きに行こうかな」という気分を後押ししてくれます。

 

多数の法人施設が参加しているので、聞きたいことをまとめて聞けるのは大きなメリット。就活=時間を取られるといったデメリットを感じる方も、当日は普段着で気軽に参加し聞きたい話だけチェックして帰ることもできる人気イベントです。

 

また来場者を即日採用するケースも。施設見学や面接などに繋げて就職のステップにしている人は、およそ50%になるといったデータがあります。このように「参加しなければ損」と言わんばかりなので、各地域で開催されるフェスタ日程を調べて事前登録しておくと便利です。

 

学歴・経歴・資格不問で応募できる!全国対応の求人サイト

 

 

求人サイトによっては地方まで手が行き届いていないサービスもあるのですが、カイゴジョブは全国展開しているためどの地域からでも応募可能です。

 

また全国規模で「未経験者」の育成にも取り組む施設が求人掲載に願い出てくれています。「介護は資格を取ってから」と思い込んでいる方などには、経歴不問の介護施設を探されることをオススメしておきます。

 

ハローワーク認可の東証1部(株)エス・エム・エスの信頼感

 

 

カイゴジョブ運営の親会社「(株)エス・エム・エス」はすでに東証1部に上場しており、国からの信頼を得ている頼れる会社です。介護を中心に社会福祉に貢献している企業であり、同時にハローワークとの提携も行っていることで有名です。

 

サイト内求人を見て頂くと分かるのですが、求人内容にはハローワークで掲載されている案件ももちろん反映済み。ハローワークのみならず、カイゴジョブ限定求人を合わせて見れるなど豊富な求人を用意しているところはさすが東証1部と言えます。

 

信用社会では、こういった上場企業への安心感は大きいですよね。現在では55万人のユーザー獲得に成功しており勢いのある介護求人サイトと言われるゆえんです。ハローワーク認可なので、失業保険を受給されている方などは、就職活動認定も受けられます

 

カイゴジョブ利用者による口コミ体験談レポート

 

リストラされて途方に暮れていた私も採用されました (50代男性)

 

長年勤めてきた会社で大規模なリストラが行われました。営業成績の振るわない私は、真っ先にクビとなり妻と大学生になったばかりの娘を抱え途方に暮れることに・・。営業一筋でやってきたため、特別なスキルはありませんでした。営業職は新卒を次々に採用するため、50歳を過ぎた私には別職種に移ることを考えざるを得ませんでした。

 

そんな中で偶然、カイゴジョブの公開フェスタがある事を知りました。これまでの経緯を聞いてもらったところ、担当者の方も私と同じく営業を若いころされていたお話で盛り上がりました。その流れで施設見学が決まったのですが、私くらいの年配の男女も活き活きと働いていたので介護への転職を決意できました。

 

無資格シングルマザーの窮地から介護業界へ (30代女性)

 

専業主婦として長年やってきましたが、夫の浮気が原因で離婚することに。田舎なのでなかなか若い人向けの仕事もなく、どちらかというと介護施設などお年寄りのサービスが目立つような場所。仕事がないため引っ越しを考えました。

 

しかし、子供がまだ小学生だったこと。私自身が引っ越しにより友達とお別れした苦い思い出があったため安易な転居できません。そんな矢先に、近所のお年寄りの施設で働けないかとカイゴジョブで就職口を探しました。

 

さすがに田舎なので、正社員募集は少なかったのですが契約社員での募集要項を発見。しかも、未経験者から採用を重ねているという事が判明したので思い切って募集させて頂きました

 

今では契約社員を終えて正社員として介護士を頑張っています。子供の教育の為にもシングルマザーという逆境に負けず、資格取得やスキルを磨き給料アップを目指したいと思います。

 

カイゴジョブ登録から面接~就業までの流れ

 

① カイゴジョブに登録

 

まずは、カイゴジョブ利用者への手続きとしてカンタンな登録を行います。

 

 

② サイト内求人から応募先を選ぶ

 

働いてみたい職場、気になる職場を選び「応募」します。「仕事を絶対にしないといけない」といったルールはありません。少しでも知りたい事があるなら応募してみましょう。話を聞いてみてから決定しても遅くはありません。

 

 

③ 施設からの連絡を待つ

 

応募後1週間以内に連絡がきますので、連絡があり次第お互いの都合調整を行ってください。この段階で、質問したい・相談したい事を受け付けてもらえますので、事前に気になる話はまとめておくと良いでしょう

 

ちなみに、連絡方法は「電話」「メール」「サイト内メッセージ機能」のいずれかになるため、チェックをお忘れなく。

 

 

④ 面接・面談

 

施設担当者との面接を行ったうえで「合否」については後日連絡があります。各施設により方針が違うこともあるため、面接の際には「いつ・どのような連絡手段で知らされるのか」の確認を忘れないようにしましょう。