おすすめ介護求人の情報サイト★無資格・未経験でも始められる!

介護職は未経験(無資格)でも正社員を目指せるお仕事!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

介護は特別な資格・経験がなければ働けないと思い込んでいませんか?
たとえば..

 

・介護は業界未経験でも採用されるのか知りたい・・
・初心者から正規雇用として働けるようになるのか不安・・
・ずっと専業主婦だったけどパート・バイトから始めたい・・ etc.

 

介護スタッフに関心を持つも、いざ求人応募しようとしたとき「未経験」が理由で足踏みされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

確かにハローワークなどで介護求人を見ていると、「資格保持者」や「経験者優遇」の記述をしている施設も少なくないです。

 

でもちょっと待ってください!実はそこまでガチガチにならなくていいんです!

 

というのも、ぼくが介護業界に「無資格・未経験・ニート状態」から就職しているからです。最初こそ派遣社員として働いていましたが、働きながら給料アップを目指して資格取得したこと。日々の仕事の中でスキルを身に付けたことで正社員に昇格できました。

 

ぼくのような未経験・無資格者でも採用されているのにはワケがあります。それは、正規雇用化の背景には、介護業界の圧倒的な人材不足があるんですね。

 

とくに近年は「介護の人手が少ない」とニュースで取り上げられます。そこで業界も受け皿として、「未経験者も採用しよう」という傾向が強まっているのです。ぼくは前述したとおり未経験でしたし、職場の先輩も50代専業主婦という初心者スタートだったそうですが、今では普通に正社員

 

介護業界の人手不足は現場レベルでは深刻な問題なのです。介護業界は、キツイ・汚い・給料安いなどデメリットばかり注目されがちですが勿体ない話です。物事は常に表裏一体。未経験からでも働いてみるメリットについてご紹介しておきます。

 

介護業界で働くことのメリット3つ

 

①「超高齢化社会」での介護職は、「将来性」と「安定感」がある

 

 

いわずもがな、日本は超高齢化社会に突入しています。内閣府の算出データですが、一人の高齢者を2~3人の若者で支えている現状は、10年後では1~2人で支えることになると推測されています。こうなると、お年寄りを支えることが、介護業界だけの話に止まらなくなります。

 

必然的に、老人介護の手は必要とされ業界の需要はさらに伸びていきます。介護ロボットの導入なども検討されているようですが、介護業は人の触れ合いで成り立っている仕事。一定の機械参入はあれど、人のコミュニケーション主体の仕事である以上は、将来的にも無くならない仕事なのです。

 

「未来では仕事が機械に奪われる」と言われている昨今、対人サービスが全面的に活きる介護職はすでに就労難民への穴場にもなってきているのです。

 

②資格取得によるスキルアップ、勤務形態を選ぶことで給料UP

 

 

介護業はキツイとか、給料が安いと言われますが、成長しないことを前提に語られ過ぎている節があります。未経験者からでも、勤続勤務をすることで介護福祉士の受験資格は得られますし、さらに高みを目指せばケアマネージャーや社会福祉士も目指せます

 

介護系の資格の良いところは、「資格手当」と言われる「所持しているだけで給料へプラス」という査定方法に直結しやすい点にあります。

 

毎日働いているのとモチベーション維持に大変ですが、1日1日を勤務するだけでも「介護職への従事実績」になるメリットがあるのです。※540日以上従事することで介護福祉士の受験資格が得られる

 

③勤務形態・シフトを選ぶことで多様な働き方ができる

 

 

普通の職業だと、朝から出勤して夕方退社という1つの勤務時間しかありません。しかし介護業界は、一般的な昼型勤務のデイサービスもあれば、夜型勤務の含まれる特別養護老人ホームなど多様にあります。

 

これは、求職者が面接の前段階で「どういう場所で働きたいか」を選ぶ権利が生まれるという事なのです。デイサービスで一般勤務をしたい人もいれば、夜勤手当でがっつり稼ぎたい人など選べるのは魅力です。※介護職員の仕事、勤務時間や施設の種類についての詳細

 

生活リズムが変動するので「夜勤がキツイ」という人もいますが、寝静まったお年寄りの見守りをする程度の話なので、想像よりは楽だとも思います。当然ですが、利用者さんの起きている昼間の方がやることは多いのです。

 

人気のおすすめ介護求人サイトランキング~未経験者も大歓迎!~


未経験者向けに書いてきましたが「はじめて介護をする人」をどこで募集しているかわからない方もいますよね。それを可能にしてくれるのが「初心者歓迎」の介護求人サイトになります。


ハローワークとの違いは、「業界未経験」を前提に就活アシストしてくれるところです。比較して使いやすいサイトをまとめていますので参考にしてくださいませ。今、求人サイトは「将来性のある介護分野」に力を入れているので、介護を望む人には就職有利な時代になっているのです。


 


介護求人ナビ



介護業界に就労したくても仕事がなければ働けません。少しでも多くの求人案件に目を通したいユーザーにとっては、求人数がすべてと言っても過言ではないでしょう。そんな願いに応えてくれているのが「介護求人ナビ」です。


介護求人ナビは平成28年の6月現在、48000件の求人掲載をしており同じ未経験者を獲得している他サイトと比較しても差は明らか。未経験者向け介護求人サイトではいちばん多い求人数です。ちなみに、「カイゴジョブ36000件」次いで「かいご畑9000件」と公表されています。


掲載求人数がすべてとは言いませんが、就業場所を選び放題で探したいユーザーに取っては最初に登録したいサービスと言えます。





 


かいご畑



無資格・未経験者を率先して採用しており、利用ユーザーの59%は「介護経験なし」で就労しています。さらに49%のユーザーは「資格なし」で働き始めています。文字通り無資格・未経験の方が働くことを前面サポートされている優良サイトになります。


また「かいご畑の介護スタッフ」として就業された方は、無料で介護職員初任者研修を受講可能。他にはスキルアップセミナーなども毎月開催されており、給料アップのために豊富な支援体制が組まれているところが魅力です。




 


カイゴジョブ



カイゴジョブを運営する「東証1部(株)エス・エム・エス」は、相手の見えないネット求人サービスにおいて抜群の信頼感があります。


さすが東証1部。ハローワーク認可もされており、提携することでハローワークの求人案件も公開中。もちろんハローワークでは見れない「クローズド案件」も多く扱っているのでハローワーク利用者にも価値があります。


また、カイゴジョブフェスタという介護就活イベントに参加すると約半数の50%の来場者が、面接や施設見学に繋がっているデータがあります。各地域で定期開催されているイベントなのでぜひ確認してみましょう。遠方の方は、サイト内でのサービスだけでも十分価値があるので確認してみてくださいませ。